CALENDER

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

CATEGORIES

archives

WELCOME

新秋津キリスト教会のブログへようこそ。 初めての方はまずカテゴリー内の「最初にお読み下さい」をご覧下さい。
2020.10.09 Friday

10/11牧師の書斎からNo.23

0

    牧師書斎からNo.24                     

    2020年10月11日

     

    もう秋に入りましたね。私が大人になって初めて秋が好きになりました。子供の時はそうではありませんでした。日本よりも、アメリカの学校の夏休みが長いです。6月中旬から8月末までのが普通です。泳いだり、近所の友達と野球をしたり、従兄弟とキャンプ場に行ったりで、楽しいことばかりでした。夏休みが終わったら、何か悲しみを感じました。学校が嫌い、と言うことではなく、ただ、夏休みが終わって欲しくない、と言う気持ちでした。

     

    今は違います。今でも夏は楽しみのある季節(特に泳ぐことができるなら)だと思っていますが、秋の楽しみも覚えるようになってきました。「スポーツの秋」や「食欲の秋」がわかっています。涼しくなることも感謝です。でももっと最近のことで、秋の特別な意味があることに気づいてきました。

     

    夏の活発な時期が終わって、自然全体が休むのは秋です。穀物の収穫があります。木々の葉っぱが色を変えて落ちていきます。そのようなものに、私は「お疲れ様でした」と感謝を表したい気持ちになります。

     

    私たち人間は植物と違う生き物なのですが、私たちにも働いては休む、と言う生活のリズムがあります。働くためには、休むことが大事です。そして休むためには、仕事をしなければならないのです。神様がそういうふうに私たちを創造されました。十戒の一つとして、安息日を守るように私たちは言われています。

     

    六日間働いて、1日休む、というリズムですが、その他に私たち人間には休む時があるのではないでしょうか。若い時、私たちは働くことができるのですが、歳をとると、定年退職で、休む時に入ります。一所懸命に仕事をして、ストレスが溜まることなどによって、風邪をひいてしまうことは、ある意味で体が私たちに「休まなきゃ」と伝えているかもしれません。

     

    福音書の中で、イエス様が弟子たちに「すべて疲れた人、重荷を負っている人はわたしのもとに来なさい。わたしがあなたがたを休ませてあげます。」(マタイ11:28)このイエス様は今の私たちにも、その安息を与えてくださいます。

     

    この1年間は大変なことを経験してきました。コロナ禍の恐れと心配。教会が通ってきた辛い経験。今は、イエス様が私たちのことをどのように顧みてくださっているでしょうか。「わたしにあって、休みなさい」、とおっしゃっているのではないでしょうか。疲れ、痛みから癒される季節です。神様が私たちに与えてくださった安息の時です。

     

    今は秋です。感謝です。


    2020.10.29 Thursday

    スポンサーサイト

    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -