CALENDER

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

CATEGORIES

archives

WELCOME

新秋津キリスト教会のブログへようこそ。 初めての方はまずカテゴリー内の「最初にお読み下さい」をご覧下さい。
2020.09.09 Wednesday

9/13 牧師の書斎からNo.20

0

    牧師書斎からNo.20                                                 

    2020年9月13日

     

    この間、ほぼ6ヶ月ぶり、私たちは新秋津キリスト教会の会堂で集まって、礼拝を行うことができました。本当に感謝です!そして会堂まで出かけられない方々のために、オンライン礼拝を提供することができました。私のパソコンを会堂で置いて、通信を送ったわけですから、離れたところでその方々が会堂で行われる礼拝を見ること、一緒に礼拝するができました。

     

    皆さんにとって、教会の会堂はどれほど大切な場所になっていますか。多分、新秋津キリスト教会で何年間、何十年間かけて教会生活をしてきた方なら、憧れの場所になっていると思います。そしてもっと最近通っている方でも、会堂の建築や飾り物で、何か聖なるものを感じるでしょう。

     

    聖書においては、イスラエルがまず幕屋(テント)で礼拝を神様に献げました。ダビデ王の子供のソロモンが王になってから、神殿を建てることに力を入れました。本当に立派な建物でした。神殿での礼拝は素晴らしかったでしょう。

     

    新約聖書に入ったら、ユダヤ人はエルサレムにある神殿で礼拝を続けましたが、都から離れたところに住んでいる人々はそれぞれの町で会堂を建てて、そこで礼拝を献げました。イエス様も、弟子たちも、神殿と会堂での礼拝を大切にしていたようです。イエス様の十字架、復活、そして昇天の後、イエスが主であることを信じる人々は教会の建物を建てた、というようなことは書いてありません。人数が少ない、お金がないためだったでしょうか。キリスト者だけの礼拝は信者(特に教会のリーダー)の住まいで集まって、礼拝を献げた、という記録は使徒の働きと書簡にあります。

     

    後の時代のキリスト者たちはあちらこちら礼拝のための建物を建てました。聖なる場所として、神様のご臨在を経験することができるように建てられました。建築も、飾り物も、そのような雰囲気を作りました。

     

    新秋津キリスト教会の今年のみ言葉は詩篇122:1です。「『さあ 主の家に行こう。』 人々が私にそう言ったとき 私は喜んだ。」3月29日から、会堂で一緒にいる礼拝を献げることができなかった期間は長かったですね。この間の日曜日、会堂で集まって礼拝をすることの喜びは確かに私たち一人ひとりが感じたでしょう。

     

    しかし一つのことを覚えていただきたいです。会堂で礼拝を献げることができなかった期間を通して、神様が私たちを見捨てず、いつも共にいて、支えてくださったことです。このことも考えたら、喜びを感じて、神様に感謝したいと思います。


    2020.10.29 Thursday

    スポンサーサイト

    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -