CALENDER

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

CATEGORIES

archives

WELCOME

新秋津キリスト教会のブログへようこそ。 初めての方はまずカテゴリー内の「最初にお読み下さい」をご覧下さい。
2010.06.10 Thursday

人は死んだらどうなるか

0
    人生儀礼について 


    人は死んだらどうなるか

     

     主イエスが死から肉体を持って復活されたとき、弟子たちは信じられず、また期待もしていなかった、と聖書は記しています。主イエスが前もって何度も死と復活を語っておられたというのに、頭でわかっていることと本当に信じていることとの問には距離があります。

     

     私たちの場合はどうでしょう。以前、日本のクリスチャンへの信仰に関するアンケート調査を思い出します。驚いたのは体の復活を信じると答えた方が半数を超えていたものの、みんなではなかったという点です。教会で聖書がそのまま語られていない事実があるのか、精神的・象徴的な意味にすりかえられてしまい、常識的な理解にとどめようとされているのかもしれません。体の復活を信じるということは、今も信仰を持つ者へのまじめな問いかけなのです。

     

    日本の国で霊魂の存在を信じる方は多くいても、自分の体の行く末を考える方はどれくらいいるのでしょう。以前、「人は死んだらゴミになる」という言葉を見かけました。退廃的で享楽的な生き方を象徴する悲しい表現です。昔の日本では死んでも「別人」、しかも「血縁」に生まれ変わることを期待し、特に小さな子どもはあえて家の近くに埋葬したようです。しかし一般には、遺体の復活を恐れ、縛ったり、ひざを折ったり、石を抱かせたりして埋めたようです。つまり、墓地は怖い所だと考えられていました。それは私たちの国では、生まれ変わりを願う信仰はあっても、体の復活は望まず、土に返すものであり、「別人」として生きたいと考えられていたからです。

     

     ところが徐々に時代がくだるに従い、遺骨に対するこだわりや墓への執着が増し、反対に見えない世界への関心が薄れてい造泙靴拭死んだら「あの世に行く」というより、「墓で暮らす」というような現実的な思いが強くなっています。墓に関する以前の暗さは消え、「死後のすみか」として、日当たり良好、風光明媚(ふうこうめいび)な場所を求め、墓の形や色や方向にこだわります。まるで、建売住宅を探している風景です。

     

    自分が見て経験していることしか信じられなくなっていく私たちに、復活のできごとは、「あなたは神のカを信じるか」と問いかけています。信仰は、私たちの常識や、私たちの経験以外にも真実があることを教えてくれるのです


    2019.08.11 Sunday

    スポンサーサイト

    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -